イベントの重なりと移動範囲を設定します – DP_EventRegion.js

タイトル
イベントの重なりと移動範囲を設定します
作者名
ヘルプ
通常、イベントはそのプライオリティーに関係なく
イベント同士重ならないように移動します。

◆EventOverlap
trueに指定すると、イベントはプレイヤーと同じように
プライオリティーとマップの通行設定に従って移動し、
通行不可設定のタイルでない限りイベント同士の重なりを許容します。

◆PassOverride
trueに設定することで、イベントのすり抜け設定よりリージョンの通行判定を優先します

◆BlockRegion
任意のリージョン番号を指定すると、
イベントはそのリージョンを通行出来ないものとして扱います。
文字列で"auto"を指定すると、イベントは生成された時点の座標のリージョンと
同じ範囲でのみ移動するようになります。

◆コマンド
DP_EVENT_BLOCKERコマンドないし、
drowsepost.event.blockregeon変数にリージョン番号ないし"auto"を指定すると
BlockRegionの指定値を変更することが出来ます。

(注意)BlockRegionの設定に関して、
セーブされるオブジェクトに専用の変数を追記します。
$gameMap._dp_event_block_region

===
このプラグインは試作品です。
いくつかのプライベートプロパティーを参照しているため、
今後の本体アップデートや同時に利用するプラグインとの競合で
動作しなくなる可能性があります。
ご利用によって生じたいかなる問題の責任も負いかねます。
===

ライセンス: MIT
パラメータ
param EventOverlap
desc trueでイベント同士の重なりを許可します
Default: true
default true
type boolean

param PassOverride
desc イベントがすり抜けモードになっていてもリージョン判定を優先
Default: false
default false
type boolean

param BlockRegion
desc イベントが移動できないリージョン番号を指定します。0で無効
Default: 0
default 0
type text

ライセンス表記
ご利用によって生じたいかなる問題の責任も負いかねます。
ライセンス: MIT

紹介ページ https://github.com/drowsepost/rpgmaker-mv-plugins/blob/master/DP_EventRegion.js