指定したアイテムをカードのように扇状に広げて表示します – TMCardItem.js

タイトル
指定したアイテムをカードのように扇状に広げて表示します
作者名
ヘルプ
準備:
アイテムのメモに <picture:ファイル名> と書き込んでください。
次に img/pictures フォルダに書き込んだファイル名と同名の画像を
置いてください。
<picture:card0> と書き込んだ場合は card0.png という画像が必要になります。

使い方:
プラグインコマンドで cardItemScene を実行すると、所持アイテムの中で
picture タグを書き込んだアイテムがカードアイテムとして一覧表示されます。
表示のされかた以外は普通のアイテムシーンとほぼ同じです。

プラグインパラメータの初期設定は幅128ドット、高さ176ドットのカード画像を
使用する想定で設定されています。お好みで調整してください。

プラグインコマンド:
cardItemScene # カードアイテムメニューをひらく
パラメータ
param maxCardCols
desc 一度に広げられるカードの枚数
初期値: 8
default 8

param cardSpacing
desc カードとカードの間隔(3.141592 で約90度)
初期値: 0.2
default 0.2

param arrowSpacing
desc 矢印とカードの間隔(3.141592 で約90度)
初期値: 0.2
default 0.2

param baseX
desc カードの位置(扇の中心のX座標)
初期値: 408
default 408

param baseY
desc カードの位置(扇の中心のY座標)
初期値: 880
default 880

param baseDistance
desc カードの位置(扇の中心からの距離)
初期値: 408
default 408

param shiftRadian
desc 扇の回転補正値(3.141592 で約90度)
初期値: 0
default 0

param selectedDistance
desc 選択中カードの位置(扇の中心からの距離)
初期値: 472
default 472

param cardSpeed
desc カードの移動速度(扇の中心から外への移動)
初期値: 24
default 24

param cardSpeedR
desc カードの移動速度(扇を中心に回る移動)
初期値: 0.05
default 0.05

param useHelpWindow
desc ヘルプウィンドウを利用する( 0 で無効 / 1 で有効)
初期値: 1
default 1

param helpWindowY
desc ヘルプウィンドウのY座標
初期値: 0
default 0

param showItemName
desc ヘルプウィンドウにアイテム名を表示( 0 で無効 / 1 で有効)
初期値: 1
default 1

param numsFormat
desc 個数表示の書式
初期値: ×\d
default ×\d

param blankMessage
desc カードがないときに表示するメッセージ( \n で改行)
初期値: アイテムがありません。
default アイテムがありません。

param useGoldWindow
desc 所持金ウィンドウを利用する( 0 で無効 / 1 で有効)
初期値: 0
default 0

param goldWindowX
desc 所持金ウィンドウのX座標
初期値: 0
default 0

param goldWindowY
desc 所持金ウィンドウのY座標
初期値: 144
default 144

param useWrap
desc 先頭と末尾をカーソル移動できる( 0 で無効 / 1 で有効)
初期値: 1
default 1

param takeoverMainMenu
desc メインメニューの乗っ取る( 0 で無効 / 1 で有効)
初期値: 0
default 0

noteParam picture
noteRequire 1
noteDir img/pictures/
noteType file
noteData items

ライセンス表記

紹介ページ https://hikimoki.sakura.ne.jp/index.php?article=plugin_neta